前へ
次へ

知っておきたい弁護士費用の基礎知識

離婚問題や金銭問題などのトラブルに見舞われたら、速やかに弁護士に相談することが大切です。弁護士といえば費用についての心配をする人が多いものですが、経済的な余裕がないからといって相談や依頼を諦める必要はありません。相談だけであれば30分あたり5000円程度の費用で済む場合がほとんどですし、実際に事件の解決を依頼することになった場合でも、個別の事情に応じて分割払いや後払いに対応してもらえる場合が少なくありません。まずは相談に出かけて、費用や支払い方法についても相談に乗ってもらうことが大切です。また、所得が少ない場合には、一定の条件のもとに弁護士費用の立て替えを行っている法テラスという機関を利用する方法もあります。

弁護士の費用について

一概に弁護士費用といっても、その内容は複雑です。まずは着手金、これは弁護士に仕事を依頼するのに必要で、結果の成否に関わらず支払います。結果が成功した場合には、その程度に応じた報酬金を支払います。これらの費用は、依頼者が得られる経済的利益の額によって左右されます。この他に、日当が必要になる場合があります。日当は、弁護士が依頼のために事務所を離れる場合、その拘束時間によって決められます。弁護士の費用の額は、自由に決められるために事務所によって様々です。そのため高額になるほどに費用に差が出てきます。ですから、自由といってもある程度の相場はありますから、前もって情報を集めて事務所を決めるのが良いです。

Page Top