前へ
次へ

弁護士費用の種類とは。

弁護士費用には、着手金や報酬金、実費などの種類があります。それらの額は、定められたものは無く、弁護士個々によって違います。着手金とは、事件の依頼をしたときに発生する費用です。これは、事件の結果には関係なく、返金はされないものとなっています。報酬金とは、依頼された事件が成功した場合に発生する費用です。成功による経済的な利益によって、その額は変動します。一部成功でも支払うことになっており、全面敗訴であれば支払う必要がないものです。そのほか、交通費や通信費、手数料などが実費としてかかってきます。裁判をおこすときには、印紙代や切手代、記録謄写費用も発生します。また保証金や鑑定料が、実費として発生する事件もあります。

弁護士費用はどのようなものか

かつて弁護士の費用は、日本弁護士連合会が定めた報酬等基準規程および各弁護士会が定めた弁護士報酬標準規定に従い、その範囲内で報酬を決定することとされてきましたが、平成16年4月1日付けでそれらの規定は廃止され、個々で決めるようになっています。しかしながら多くの法律事務所では、従前の報酬との均衡、報酬額の透明化、合理的価格設定等の観点から従来の規定による金額を踏襲しています。費用は、相談料、書面による鑑定料、着手金、成功報酬金、手数料、顧問料、日当を指すのが一般的です。最近では無料法律相談があったり、低所得者に対しての割引制度などを導入している事務所も少なくないので、いろいろな事務所を検討してみましょう。

Page Top