前へ
次へ

弁護士を目指すのならば、費用工面が必要

弁護士を目指す人にとって、壁となるものの一つに費用の問題があります。弁護士になるためには、司法試験に合格しなくてはなりませんが、その前提として法学部の大学院を修了し博士号を取得する必要があります。司法試験の難しさについては、周知のとおりですが、この博士号取得においても簡単にはいかないのが現状です。他の学部に比べると卒業のハードルが高いことも一つの要因です。大学の勉強だけではついていけず、予備校に頼る人も珍しくありません。そのため、大学と予備校に通いつつもアルバイトに勤しみ、独学も欠かさないという努力が必要になります。経済的に支援してくれる人があれば、勉強に専念することもできますが、法学部卒業までにはお金がかかります。しかも、司法試験に合格してもその後に研修期間があり、道のりは険しいものです。

弁護士を目指すのならば

弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。けれども、周知のとおり司法試験の壁は高く、その合格率は20パーセント程度にとどまっています。しかも、受験資格を得たのちの5年間の内に、3回しか受験することはできないルールになっています。さらに、司法試験に合格したとして、その後に2年間の研修が待っていますので、弁護士になるためには時間がかかると言わざるを得ません。司法試験の受験資格を得るだけでも、それ相応の努力が必要とされます。その間の生活費や大学進学、その他もろもろの費用を考えると経済的な負担が生じる場合もままあります。これらの問題を乗り越えるためには、強い信念と惜しみない努力が大切です。

Page Top