前へ
次へ

民事訴訟相談にかかる弁護士費用について

弁護士には担当や専門分野というものがあり、扱っている事件についても一人一人それぞれ異なっています。そこで民事訴訟相談にかかる弁護士費用についてみていくと、一般的に着手金と報酬金の2つのお金を支払う必要があります。この2つの額については法律による明確な規定はありませんが、多くの事務所では着手金約10%で報酬金が約20%となっていることが多いです。これは相手から返還された額からの数値という計算になり、例えば200万円を請求出来た場合を例に考えていきます。200万円返還された場合には、着手金が10%の20万円となり報酬金が20%の40万円という形になります。これらの費用の他に相談料というものがかかることがあり、これが1時間1万円前後となっている事務所が多いです。

一般的な弁護士費用について

一般の方が弁護士にお願いする案件として多いのが、離婚などの調停、遺産相続のトラブル、自己破産などです。費用には、最初の相談料。(イベントなどでかからない場合もあります)着手費用、経費、成功報酬などです。弁護士事務所によって支払いが発生するタイミングが違います。どのフェーズで支払いが発生するのかは、最初に確認が必要です。費用についても、法律で一律に決まっているわけではないので、複数の弁護士に見積を取るとそれなりに違いがあります。最終的に法的な手続きを行う場合は、書面を作成や申し立てを行う費用などが追加で発生することがあります。事故処理などの場合は結果に係わらず、通信費や交通費などの実費が請求される場合が多いようです。

Page Top